アーカイブ

「こどもフイルム」では、プロの映画監督が指導のもと、こども達(大学生もこども?)が主体となって、3日間で短編映画を作ります。
2009年にスタートした福島県内の高校生以上を対象「福島映画塾」に加え、東日本大地震の翌年2012年からは福島県内の小学生を対象に開催されてきました。
こども達が作った作品のタイトルは約70本にも及びます。
福島から始まり、今後は多くの地域での開催を企画しております。

私達は映画制作によるこども達のキャリア教育支援、映画を用いた地域創生を目指しています。

作品テーマ[村の物語]

映画塾 2021年 開催地:福島県 天栄村

真冬の天栄村で、小学生、中学生、大学生と一緒に3作品が生まれました。
天栄地区、湯本地区それぞれのこどもたちが、ふるさとにむけた思いがそれぞれに込められています。豊かな自然を維持していくことには、絶えざる努力が必要なことを、こどもたちはすでに知り抜いているように見えます。表情豊かな演技力も魅力です。

仲良し4人の 天栄村大冒険~冬編~
班名:A班
指導監督:永田琴監督
自然を取り戻す勇者 ~天栄村の物語~
班名:B班
指導監督:阿部満良監督
ユグドラシルの望み
班名:C班
指導監督:下山天監督

作品テーマ[新しい生活様式]

映画学校 2021年 開催地:福島県 駒ケ嶺小学校

駒ヶ嶺小学校の6年生と取り組んだ3作品です。コロナ禍で、勉強にも、生活にも、先の見えない不自由が課される中、新しい生活様式が課してくる困難にどのように立ち向かうかが、3作品共通の主題となっているように見えました。すべての作品に現れる、しなやかなユーモアに救われるような気持ちになりました。

ぶっコロナ
班名:A班
指導監督:永田監督
ヒミツノアイコトバ
班名:B班
指導監督:横井監督
ありがとうのプレゼント
班名:C班
指導監督:西海監督
1 2 11
to_top